洗車の常識は非常識

洗車をする際に皆さんはどのようにされていらっしゃいますでしょうか?
ご自宅で、またはコイン洗車場で、最初にバケツの水にシャンプーを薄めてたっぷり泡立て、スポンジでボディをゴシゴシ、そして多量の水で泡を濯いでタオルで水拭きの後ワックス掛け。また、ご自分で洗車されるのが面倒な方は、シャンプーからワックス掛けまで出来る自動洗車機を使って終わりという方もいらっしゃいます。

どこの洗車場でもガソリンスタンドでもごく普通に見られる光景であり、この様な手順の洗車法は極めて一般的であり “常識” であると考えられております。実はこの全ての工程が、お車のボディを痛め、傷つけ、シミをつくります。その理由を以下に詳しく説明いたします。
 

 

恐ろしいシャンプー洗車

白いお車でよく見られますが、雨が降って乾いた後に、ドアミラーの下やモール・エンブレムの下などに黒い筋がボディを伝わっていますね。実はこの原因は洗車の際に使用したシャンプーが原因なのです。いくら多量の水で濯いでもシャンプーの成分は必ずお車のモールの隙間やボンネット・トランク・ドアなどの内部に残ります。これが雨で流れ出し黒い筋をつくるのです。

エンプレム周りの汚れと黒筋
 
ドアミラーステイ周辺の黒筋
シャンプー要因画像@.jpg 

 

  シャンプー要因画像A.jpg 

くの黒

 

 

 

お車は知ってのとおり金属の塊です。毎回多量の洗剤と水を使用する洗車は、各部の潤滑油であるグリスを洗い流し、錆を発生させます。また、炎天下の下のシャンプー洗車は、洗剤分を瞬く間に乾燥させてシミをつくります。そして使用するスポンジ自体も傷をつける原因となります。

当店では水垢と油分除去のため初回施工時のみ専用の洗剤(脱脂剤)を使用し、その後は一切使用しません。

 

水拭き・ワックス掛け(コーティングを含む)について

濃色車では特に目立ちますが、太陽光や屋内駐車場の蛍光灯の下ではボディに映り込んだ光源を中心に同心円上の乱反射がよく見られます。これがいわゆる磨き傷というものです。前述のシャンプー洗車のスポンジ掛けや、その後の水拭きやワックス掛けに使用するクロスやスポンジが原因で発生します。

最近ではワックスの種類も固形や半ねりのものからスプレー式や市販のコーティング剤まで幅広くラインナップされておりますが、どんな高価なものを使用しても、誤った工程で洗車をしてしまいますと必ず傷が入ります。

 

タイヤワックスの恐ろしさ

ピカピカに磨き上げたボディでも、タイヤやホイール、ホイールハウス内部が汚いとそれだけで見た目が悪くなってしまいます。人がどんなにピシッとした新調のスーツで決めても、足元の靴が埃だらけでは全体が締まらないのと同じです。

皆さんはタイヤのお手入れはどのようにしていらっしゃいますでしょうか?
ボディを磨き終わった後に、市販の泡状のタイヤスプレーでタイヤとホイールハウス内をスプレーして終わりという方が殆どではないでしょうか。確かにお手軽で簡単ですし、その時はタイヤも黒々と輝きます。
しかし、このスプレーがタイヤとボディに悪影響を及ぼしているのです。

市販のタイヤワックスの殆どはシリコンなどの有機物質を含む油分です。この油分は物質(タイヤ)への浸透性が高く、また紫外線の影響を非常に受けやすくすぐに劣化が始まります。この成分がタイヤに本来含まれている紫外線防止剤を洗い流しタイヤそのものの劣化を促進してしまいます。

また、スプレー時に飛散した成分がボディに付着したり、走行中にタイヤからボティに付着することにより埃を吸い寄せます。この成分は水洗いでは容易に取れないため、ボディに汚れを塗り重ねる結果となります。

 

洗車法のまとめ

皆さん、これまで一般に “常識” とされている洗車法について説明してまいりましたが、どのようにお感じになられましたでしょうか。これまで信じられてきた洗車法は全て “非常識” なのです

“正しい洗車法” があって初めてお車は輝きます。“正しい洗車法”を身につければ新車以上の輝きを得ることも不可能ではないのです。しかもその洗車法は、極めて簡単です。ご自宅でもどこでもバケツ1杯の水で30分もあれば出来るのです。

 

→正しい洗車法とは 

 

▲このページのトップに戻る